ビューティーレポート vol.02 : 加藤智一

欠点ではなく長所を褒めること
「輝くオーラを身にまとう方法」



●世界にはたくさんの美意識が存在する

 多くの人は自分の魅力よりも、コンプレックスや欠点を見つけることに熱心です。その理由は、人は自分には無い魅力を求めるから。たとえば、可愛い顔をした女性がクールビューティに憧れたり、身長が高くスタイルが良い女性が、もっと小柄になりたいと思ったり...と、自分の魅力を見出すよりも、他人の魅力をうらやましく思ってしまう傾向があります。


 しかし、この世界には驚くほどさまざまな価値観があります。たとえば体型で考えてみれば、世間では“スリムな体型が美しい”とされていますが、ゴージャスな印象を演出するなら、少し肉付きがよいほうがグラマラスな迫力が出せます。そんな肌にツヤ感を出すスキンオイルやラメパウダーを塗布すれば、リッチで迫力のある雰囲気を演出することができるでしょう。そういう意味では、ふっくらとした体型の女性も、自分の魅力を生かすことによって、本人も気づいていない魅力を放つことができるのです。


 それは顔立ちにおいても同様。自分の外見で気になる部分があっても、それを勝手にコンプレックスだとか欠点だと思い込まないことが大切です。たとえあなたが自分の鼻を低いと思っていても、その鼻を愛しいと思う人がいることを信じること。世界には自分以外の人間がたくさん生きていて、その数だけ美人の価値基準があることを理解しましょう。






●自分の長所を褒めて、輝きを高めていく

 そして「今日の私はきれいだね」と自分を褒めてあげることが大切。というのも、自信というのは常に揺らいでいる不安定なものだから。スキンケアやメイクアップをするときに、常に「今日の肌はきれい」、「今日は目もとがすっきりしている」など、顔立ちを褒めることができれば、その強い思いが肌や心に響き、美しさを前進させてくれます。


 自信とは他人からの評価で蓄積されるものではなく、あなたが育んでいくもの。「今日の私はきれいだね」と顔や身体を褒めることで、あなたの肌や心の輝きは高まっていくはずです。


omnisens SOUFFLE DE FRAICHEUR








プレスリリースお問い合わせフランス語サイトへ